2017年03月03日

ダマスクローズ水が50%も含まれたハンドクリームがあるんです!

2017年03月03日
香りのあるハンドクリームで最も人気のある香りって何だかご存知でしょうか?

それは、バラの香りです。

香りのあるハンドクリームの種類には、バラ以外にも柑橘系の香りやイチゴやバニラなどの甘い香りがするものなど様々なものがありますが、やはり人気No.1は、バラ。

なぜなら、その香りの高貴さと芳醇さが多くの女性をひきつけるから。

そんなバラの中でも、最も芳醇で高貴、高価なバラで2万種以上あるとされているバラの中でも女王といわれているのが「ダマスクローズ」です。



ダマスクスローズとは?



「ブルガリアンローズ」とも呼ばれているダマスクローズのもともとの産地はシリアの首都「ダマスカス(ペルシア語でダマスクス)」だと言われています。しかし、ブルガリアの土壌と気候がバラの生育に適していたため、ブルガリアンローズの名でも世界的に有名になったそうです。

ダマスクローズの歴史は太古から始まり、古代ではあのクレオパトラ、中世ではマリーアントワネットも愛したバラだというエピソードもあります。

現在では、ブルガリアを中心にトルコほかヨーロッパ、またアジアでも栽培されるようになってきました。

しかし、ブルガリア産のダマスクローズがその中でも一番高価だとされています。

政府の機関がブルガリア産のであることを認証しているダマスクローズあるほどです。

だから、ブルガリア産のダマスクローズは、高級ブランドの香水、化粧品、アロマオイル、ローズウォーターなどの高価な製品に使われることが大半なのです。

そんなダマスクローズを使った製品で今回、ご紹介したいのが、ダマスクローズ水が超高密度配合されているハンドクリームです。
それが、女性に人気があるバラの中でも高級な品種である「バラの女王」と呼ばれる
ダマスクローズのハンドクリーム『ナールスロゼ』です。



ナールスロゼって?



ナールスピュアなどで有名なナールスゲン配合エイジングケア化粧品「ナールス」から登場した新製品です。
今、ナールスロゼをハンドクリームと紹介しましたが、ナールスでは「ハンド美容ジェル」と呼んでいます。

なぜなら、ほとんどが美容成分でジェルタイプのナールスロゼは、ベタつかず、サラサラとした使い心地なので、ハンドクリームというイメージとは異なるからです。

何と言っても、一番大きなポイントは、ダマスクローズ水が50%という超高密度で入っていること。

ブルガリア産のダマスクローズが入ったハンドクリームはほかにもありますが、このような高濃度50%で配合したハンドクリームは、他ではまず見つけられないそうです。

まさに、ナールスロゼは、ダマスクローズのハンドクリームの代表格といえるでしょう。

ところで、実は、ダマスクローズが本当にたくさん入っているかどうかをチェックする簡単な方法があります。

容器やチューブ、外箱にハンドクリームの全成分が表示されています。そこには、配合濃度の多い順に成分が記載されるのです。

ほとんどのハンドクリームは、最初に記載されるのは、「水」「精製水」です。

しかし、ナールスロゼの最初の表記は、「ダマスクバラ花水」、つまり、ダマスクローズ水が全成分の中で最も多く配合されているということなんです。

ダマスクローズには、保湿効果、リラックス効果、紫外線吸収効果などのエイジングケアの効果がたくさんあります。

ナールスロゼでは、そんなダマスクローズの持つエイジングケア効果をそのまま受け取ることが可能なのです。

ナールスロゼは、ダマスクローズの良さを生かした一歩進んだエイジングケアのためのハンドクリームです。

本物のダマスクローズの香りで癒されながら、エイジングケアもできる、そんなハンドクリームが、ナールスロゼです。
プロフィール
管理者:エイジングケア&アンチエイジングの徒然草

2017年 03月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
リンク集